塾講師求人へ応募する際に書く履歴書です

塾講師求人への応募体験談

塾講師になりたいと思ったのは他のアルバイトと比べて時給が良いことが魅力と、肉体労働は自分には向かないことは知っていたからでした。
私は、地元の国立大学に通っていたので、友達も塾講師として採用されている人もかなりいました。
そこで、アルバイト誌を見てから、時給が良い塾に履歴書を送付して、その後、面接と試験を行いました。

試験は英語か数学を時間内に解答するもので、高校入試レベルの問題から大学入試レベルの問題までありました。
私は文学部の英文学科に在学していたので、得意な英語を受けました。
試験自体は自分にとっては簡単でした。
結果は後日に連絡するということで、その日は帰りました。

それから間もなく、仮採用の電話が来ました。
生徒へ上手に教えられるようになったら採用となるということでしたので、その後塾での指導の様子を勉強してから実際に教えることになりました。

塾講師に仮採用されたものの、実際に教えるのは非常に難しかったです。
最初は教え方などで戸惑い、緊張し、普段解ける問題ですら分からなくなることがあるくらいでした。
それでも、塾講師仲間から適切なアドバイスをもらって少しずつ上手に教えられるようになりました。
経営している塾長にも成長を認めてもらい、仮採用からやがて本採用となりました。

塾講師求人への応募前に確認しておきたいこと

これから生涯にわたって働くことが出来る仕事として、あるいはアルバイトとして塾講師で働こうと考えている方も多いと思います。
その際には応募する塾の採用情報についてしっかりと確認しておきましょう。

塾講師の採用は誰でも採用しているというわけではなく、資格や学歴などが必要になることもあります。
特に教育熱心な塾講師の求人では、教員免許所持者や他の塾で勤務経験がある方のみ採用していることもあります。
この場合にはしっかりと求人情報に明記されているので、条件などが無いか確認してから応募に踏み切りましょう。
もちろん未経験者から募集をしているところも少なくありません。
しかし未経験者応募可のところでも年齢制限などを設けているケースがありますから、その点もしっかりと見てから応募することが肝心です。

また、塾講師の求人に応募する際には面接以外にテストが無いのかもしっかりと調べましょう。
塾によってはテストがあったり、指導能力を調べるために模擬授業などをしなければならないこともあります。

塾講師の採用基準はその塾の基準に委ねられている部分があります。
勘違いで選考落ちすることがないように、希望する塾があったらそこの採用情報を一字一句見逃さないように目を通しましょう。
参考サイト