塾講師としてのやりがい

塾講師は様々な科目の学習を子供に指導する職業です。
採用にあたっては、自分の指導科目を希望することができ、専門的な知識を生かして仕事をすることができます。
他にも、個別指導か集団指導かと指導の形式にも違いがあります。
それも自分に合った指導の形式の塾を選択すれば、より一層自分に合った仕事とすることができます。

塾講師は採用されてすぐ子供の前に立って指導するため、採用された直後から一人前として見られます。
長年勤めているベテランでも、採用されてすぐの新人でも、子供にとっては同じ塾の先生だからです。
それはプレッシャーにも感じますが、良い意味で責任を感じ、同時にやりがいを感じることにも繋がります。

塾に通っている子供の実態は様々で、学校で授業についていけない子や、それとは逆にトップクラスの学力を有している子もいます。
多様な子供に授業を行うためには、指導のレパートリーを増やしていく必要があります。
試行錯誤していく中で、指導の技術は確実に向上していきます。

塾講師にとって最もやりがいを感じる瞬間は、子供の学力を向上させることができたときです。
そのときの子供の生き生きとした表情、保護者の満足した顔を見ることで、仕事の励みになります。
塾講師は、授業の準備の必要もあり大変な仕事ですが、努力すればするほど、やりがいを感じることのできる職業です。