塾講師採用後に教え方に困ったときは?

塾講師として採用された後は様々な生徒に対して勉強を教えていくこととなります。
その中では、教え方が一筋縄では行かないという誰でも突き当たる壁があります。

毎日のように授業を行っていても、理解してくれる生徒とそうでない生徒がいるのでほとんどの講師がこの時に教え方に困ってしまいます。
しかしこれは少し考え方を変えることで改善ができます。
教えてもなかなか理解してくれない生徒がいる場合には、その生徒のレベルに合わせて授業を進めていけば良いのです。
一番学力が低い生徒にあわせて授業を進めることで、理解力の高い生徒はその授業の中で習熟度を高めることができ、理解力の低かった生徒でも、必ずわかってもらうことができるのです。

塾講師の採用後には誰でも教え方について工夫しなければいけない場面に直面したり、自分の指導力の至らなさについて考えさせられることがあります。
これらは塾講師ならば採用後誰でも通る道ですから、なるべく抱え込まずに先輩講師にも相談して授業の教え方を改善していけば良いのです。
塾講師も人間ですから、パーフェクトな講師など存在しません。
採用後には毎日の授業内容について考えながら工夫を凝らしていくことで自らも成長していけるのです。